設備のご案内

  • HOME
  • 設備のご案内

DB定着版のご紹介

DB定着版のご紹介

DBヘッド定着工法なら、工期短縮によるコストダウンが可能です

現在主流の折り曲げフックを用いた鉄筋定着工法は、鉄筋の強度が求められたり、太径化が進んだりしていることから、定着の長さが必要になるという課題が生じていました。こうした課題を解決してくれるのが、鉄筋の先端にリングを取り付けることで曲げアンカーの代替えができるDBヘッド工法です。
DBヘッド工法は、鉄筋定着工法の課題を解決するだけではありません。曲げアンカーがないため、運搬・荷揚げ・施工の能率を高めることができ、工期短縮によるコストダウンが可能になるというメリットがあります。

その他の設備

No. 品名 型式 加工能力
1 鉄筋切断機 OLH-52 D10~D38切断可能
2 鉄筋切断機 TFC-M D10~D41切断可能
3 鉄筋切断機 C-43 D10~D38切断可能
4 鉄筋切断機 TFC-SH D10~D32切断可能
5 鉄筋曲げ機 TBS-13-6 D10~D16曲げ可能
6 鉄筋曲げ機 OK-B32A D10~D32曲げ可能
7 鉄筋曲げ機 OK-B52A D10~D51曲げ可能
8 鉄筋曲げ機 TBS-13-6 D10~D16曲げ可能
9 鉄筋曲げ機 デジタルオートベンダー D10~D25曲げ可能
10 鉄筋曲げ機 OKB-16A D10~D16曲げ可能
11 鉄筋曲げ機 B-25 D10~D25曲げ可能
12 鉄筋曲げ機 OKB-16A D10~D16曲げ可能
13 鉄筋曲げ機 B-16 D10~D16曲げ可能
14 R曲げ機 R-32MM-3 D10~D32曲げ可能
  • 事業紹介 Business field
  • ゼネコン様 Construction company
  • 設備のご案内 Equipment Introduction
  • よくあるご質問 Q&A
  • 採用情報 Recruitment
  • 匠に挑戦! Challenge the “TAKUMI”